保証制度について 

HOME  |  私たちの家づくり  | 保証制度について  

保証制度について

安心の保証制度

大斗工務店では、現在すべての新築住宅が対象となる「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に従い、住宅瑕疵担保責任保険に加入し、新築住宅に瑕疵(欠陥)があった場合の無料補修に対応する資力確保措置をとっております。 万が一、お引き渡しした住宅の構造耐力上主要な部分や、雨水の浸入を防止する部分に瑕疵があり、住宅の基本的に耐力性能や防水性能を満たさなかった場合には、瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負担することとなっています。万が一の場合でも、お客様にご迷惑をおかけすることがない体制ですので、どうぞご安心ください。

住宅の瑕疵(かし)とは

建てて間もないのに雨漏りがしたり、何だか床が傾いている感じがしたり、
基礎のコンクリート部分や壁にヒビが入っていたり...

 

住宅瑕疵保険とは、
引渡しを受けたあとに欠陥が見つかった場合、
その欠陥を補修するためにかかった費用を
お支払いする保険です。

住宅瑕疵保険とは、どういうものか

新築住宅は“住宅の品質確保の促進等に関する法律

(通称 住宅品質確保法/品確法)”により、
引渡しから10年間の保証が事業者に義務付けられています。
でも、万が一、事業者が倒産してしまい、その後に瑕疵(欠陥)が見つかった時、
その解決策として“住宅瑕疵担保履行法”があります。
この法律により事業者は【保険加入】または【保証金の供託】による
資力確保が義務付けられています。

保証の対象

 構造体力上主要な部分 

 雨水の侵入を防止する部分 

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上重要な部分および、雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

保証の検査
原則 2回の検査
保証の機関
原則 10年間
支払い元素額
最大 2,000万円
 
戸建住宅の場合は、オプションにより支払限度額を
3,000万円/ 4,000万円/ 5,000万円とすることができます。

​保険は、住戸単位での加入となります。

瑕疵保険に加入するのは、家を建てる側の(販売する)事業者です。
事業者が瑕疵保険に加入すると、”保険付書証書”が住宅取得者に交付されます。
万が一、事業者が倒産してしまった場合でも
住宅取得者が住宅あんしん保証へ直接請求ができます。

あんしん住宅瑕疵保険に加入している物件は火災保険も10%割引になります。

 

 ※物件は新築・中古問いません。また、割引には以下の適用条件があります。
  ●住宅あんしん保証の瑕疵保険に加入している住宅 

  ●保険期間6年以上(GKすまいるのの保険・スーパーロング)

  ●取扱代理店を株式会社 住宅あんしん保証とする